« 1月10日の釣果 | トップページ | 自作電気ウキ(4) »

2008年1月17日 (木)

自作電気ウキ(3)

LEDの形状違いで明るさの比較をしました。
左が円筒型(90°)で
右が従来の砲弾型(60°)です。
結論から言いますと、拡散キャップをつければ両者とも同じ明るさでした。

画像


拡散キャップを付けないで点灯しました。
左は90°なので右の60°に比べ光が広がってます。
画像

拡散キャップを付けて点灯しました。
あまり明るさに違いがありませんでした。
画像


次に、
拡散キャップの替わりにLED全体に紙ヤスリをかけました。
左がヤスリがけのみで拡散キャップ無し。
右が従来の物です。
画像

点灯状態です。
左のヤスリがけした物は垂直方向に光が拡散してますが、右の従来品はほぼ均一に拡散してます。
画像


以上の事から・・・、
拡散キャップが無い時の応急処置として、ヤスリがけでも対応できる事がわかりました。
しかし、
従来の拡散キャップ方式が、今のところ最も簡単で明るい事が分かりました。

|

« 1月10日の釣果 | トップページ | 自作電気ウキ(4) »

自作電気ウキ(初期型)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286255/31889176

この記事へのトラックバック一覧です: 自作電気ウキ(3):

« 1月10日の釣果 | トップページ | 自作電気ウキ(4) »