« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月27日 (日)

11月26日は鍋P

006
11月26日は1ヶ月前からスケジュール調整して待ちに待った鍋Pです。
夕マズメ後の夜7時頃から開催ですが、みなさん気合いが入って前日から来ている人も…
結局、私が一番遅く午後2時の到着です。
すでにジンタが入れ食いで、夕マズメ前に1束キープ。
そして5時までにRGサイズを10数匹釣ったので、鍋Pの準備に取り掛かります。
今回の鍋は、坦々鍋で締めはもちろん坦々麺です♪
003
みなさんから持ち寄ったツマミも加えて、楽しい一時を過ごせました♪
今回は、最近めっきり釣行回数の減った良竿さんを巻き込みコバさん、B.サーフさん、門番さん、キャロルさん、rickeyさんで盛り上がりました。
車に戻り、仮眠して朝マズメ狙いで4時前から再開しますがRGサイズがポツポツ程度で朝マズメになるとジンタが入れ食いになってしまったので終わりにしました。
011

本日の釣果
アジ      30匹
ジンタ      1束

| | コメント (12)

2011年11月24日 (木)

LEDトップの装着例

自作LEDトップを色々なウキに付ける方法を紹介します。
010_3

002
内径4mmのビニールチューブでも外径6mmと7mm品がある。
ちなみに、
下記画像はカインズホームの園芸コーナーのホースコーナーで
内径4mm、外径7mm品が1m90円で売っている。
018_2

ケミ75の場合
3cm程度にカットしたチューブにビニールテープを巻いて太くする(外径6mmの場合)
020
021
024
030
ケミ50の場合
外径6cmのビニールチューブを3cm切ったものを差し込む。
026
027
028
029
ケミ35の場合
電池をそのまま差し込む。
033
034
035
左からケミ35、ケミ50、ケミ75用ウキにLEDトップを装着した画像。
038
点灯させるとこんな感じ。
037
その他のウキの場合
3cm程度にカットしたチューブでLEDトップとウキを接続する。
012
013
017
016

左からケミ35、50、75用ウキの取り付け順(1)
005_2
左からケミ35、50、75用ウキの取り付け順(2)
006
左からケミ35、50、75用ウキの取り付け順(4)
007
左からケミ35、50、75用ウキの取り付け順(4)
008
左からケミ35、50、75用ウキの取り付け順(5)
010_2
011

上記の様な感じで自作LEDトップをウキに装着していまが・・・
分からない事があったら気軽にコメントしてください♪

| | コメント (4)

2011年11月19日 (土)

LEDトップの詳細

自作電気ウキに使用するLEDと拡散キャップについて詳しく説明します。

LEDは秋葉原でも購入できますが通販の方が明るく、しかも安価です。
通販メーカにも色々ありますが、LEDパラダイスのLEDが一番明るく
なんと言っても安いです。
送料も『発送方法 :  定形外郵便』を選べば140円で済みます♪
そこで、
LEDパラダイスの従来品でも十分に明るいのですが、最近LEDパラダイスで
発売された高輝度LEDはもっと明るいので紹介します。

LEDパラダイスのホームページの
http://www.led-paradise.com/

左側の『商品カテゴリ一一覧』の
(5mm広角砲弾型LED)をクリックすると
赤色LEDが3種類があります。

5φ広角赤色LED MAX5000mcd[0341] (従来品)
販売価格:40円(税込)

Max5000mcd


OS5RAA5B61P 5mm広角赤色 48000mcd[0145]
販売価格:30円        (税込)
48000mcd


OptoSupply5mm広角赤色 OSR5CA5B61P[0381]
販売価格:30円        (税込)
22000mcd

①②③いずれも
発光角60°
入力電圧 1.9~2.4V(ウキ用電池は3Vですが問題ありません)
は同じですが、
①輝度 5000mcd 消費電流30mA (従来品)
②輝度48000mcd 消費電流70mA (NEW)
③輝度22000mcd 消費電流70mA (NEW)
と輝度が高い(明るい)ほど消費電流が多い傾向にあります。
データ上の輝度では②の方が①に比べ約10倍明るい事になっていますが

実際に肉眼で見たかぎりでは1.2~1.5倍ほど明るいかなって感じです。
そして、消費電流は①の30mAに対して②は70mAと約2倍となっていて

明るい分だけ電池の消耗も早いのかなって感じです。
・・・と言う事で、
①は②③ほど明るくないが電池は長持ちする。
②③は明るいが①ほど電池は長持ちしない。
①②③どれでも好みで選べばよいかも?

次に発光角ですが
左側の『商品カテゴリ一一覧』の
(帽子型LED)をクリックすると

5φ帽子型赤色LED[1341]
販売価格:50円        (税込)
120_2
④帽子型は発光角が120°と広い分輝度が1300mcdと低くなっていますが、
①(60°5000mcd)と比べましたが明るさに差がなく50円と高いので発光角は
60°品で良いと思います。


拡散キャップ
LEDパラダイスのホームページの
http://www.led-paradise.com/
左側の『商品カテゴリ一一覧』の
リフレクタ・放熱をクリックすると
拡散キャップ 5mm用[6011]
販売価格:15円        (税込)
Photo_2
シリコンゴム製で、 白・青・赤・黄・緑と5色あるので
LEDが赤なので拡散キャップも赤を選びます。

以上、
LEDと拡散キャップについて記載しましたが、mobara式自作電気ウキ
について分からない事があれば気軽に質問して下さい!

| | コメント (14)

2011年11月 6日 (日)

自作電気ウキ(8)高輝度化

自作電気ウキトップが無くなってきたのでLEDパラダイスのホームページ
http://www.led-paradise.com/
を見たところ2品種の高輝度LEDが新製品で発売されていました。
早速、その2品種(①、②)と従来品(③)を通販で購入し、①②③で明るさの違いを確かめてみました。
①48000mcd/if70mA/60゜/30円(右側)
②22000mcd/if70mA/60゜/30円(中央)
③5000mcd/if30mA/60゜/40円 (左側)従来品
103
*用意する物
①LED(Φ5 赤 発光角60°) 
②拡散キャップ(赤)       
③ビニルチューブ(内径4mm) 
④ウキゴム細(内径1.6mm位)
⑤電池(点灯確認用)
⑥ニッパ
⑦接着剤
086_2
ビニールチューブを20mm位、ウキゴムを7mm位にカットする。
017
LEDの短い足の方にウキゴムを通す。
024_2
短い足の方を90゜曲げる。
027
この時に電池を刺して点灯確認する。
026
短い足の方を更に曲げる。
028
短い足の方を3mm程度残してカットする。
031_2
長い足の方も3m程度残してカットする。(これで発光部完成)
032
発光部に拡散キャップを被せビニールチューブの中にねじ込む。
033
こんな感じ!
036
最後に防水対策として、エポキシ系接着剤(クイック5)をLEDとチューブの接合部に塗り接着して完成!!
039
実際に点灯して比較してみたら
①48000mcd/if70mA/60゜/30円(右側)
②22000mcd/if70mA/60゜/30円(中央)
③5000mcd/if30mA/60゜/40円 (左側)従来品
  ①②③の順で①が一番明るかった。
083_2
③(if30mA)に比べ①と②は消費電流ifが70mAと高い分だけ明るいのかも?
…と言う事は明るい分だけ電池が早く消耗するのかも?
近いうち実際に海でテストしてみます!

今回の制作費(LEDトップ1本当り)
 30円 + 15円 + 3円 =48円
(LED)  (拡散キャップ) (備品)

| | コメント (16)

2011年11月 5日 (土)

11月4日の釣果

020
秋のベストシーズンなのに、最近アジが不調です。
でも、天気が良いので玉砕覚悟で出撃して来ました。
まずは腹ごしらえと言う事で関東Bー1グランプリで2位になった勝浦タンタン麺の中でも有名な『はらだ』で昼食を食べました。
昼時という事もあり外には沢山の人が待っています。

017
腹ごしらえ後向かった先では、ボウズ回避の豆アジ捕獲作戦です。
トリックをスリスリして着水した瞬間に食ってきます。
開始10分でバケツにはたくさんの豆アジ君が…
もちろん、
門番さん、キャロルさん、rickeyさん達に(入れ食いと題し)下記画像付き迷惑メールを送信したのは言うまでもありません(笑)018
そして、半束以上釣ったので夕マズメ勝負の場所へ移動しました。
到着すると、かなり波があり嫌な予感がします(汗)
そして、その予感は的中して夕マズメになってもフグ風呂状態が続き暗くなったら全く釣れませんでした(泣)
結局3匹しか釣れず夕方6時に帰りました。
そして8時には風呂上がりに豆アジの唐揚げやら南蛮漬けやらでおいしいビールを頂きました♪
024_2

026_2
ビールの肴には唐揚げ(豆アジ)が一番!!
豆アジ最高!!
(負け惜しみ)

本日の釣果
アジ   3匹
豆アジ  半束以上

| | コメント (8)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »