自作電気ウキ(初期型)

2008年2月12日 (火)

自作電気ウキ(5)

仕事が忙しくなかなか釣行できないので電気ウキの更る改良を試みた。
今回は、ストローと埋め込み樹脂を利用して作成した。
画像

樹脂を写真のように埋め込む。
画像


樹脂を埋め込んだ写真。
画像

左がビーズを先端に付けた物、右がビーズ無し。
画像

点灯するとこんな感じ。
左のビーズ品のほうが明るい。
画像


今度は、先端を大きく凹ませる事でもっと輝度UPを試みる事にする!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

自作電気ウキ(4)

5仕様の電気ウキを比較実験した。
右から、
①従来品
②砲弾型LED
③砲弾型LED+ビーズ
④フラットLED+ビーズ
⑤上部凹LED
結論から言うと、
一番左の凹LEDだけが暗く、
あとの4ケは、ほぼ同等の明るさでした。

画像


点灯するとこんな状態
画像


暗闇で点灯した状態
一番左の凹LEDだけが暗く、
あとの4ケは、ほぼ同等の明るさでした。
凹LEDだけは他メーカで暗いチップらしい。
画像


用意するモノ
①水槽用ホース(ソフトタイプ) 電池ケース用(120円)
②ウキ用ゴム 絶縁用(50円)
③Φ6ビーズ 光拡散用(100円)
④50ケミ用チューブ  防水&拡散チャップ(150円)
⑤BR435  3V電池 (100円)
⑥LED   発光角度60°以上の高輝度タイプ(50円)
画像


防水キャップ&拡散キャップはケミ50用のチューブの先端を
ライターであぶりペンチでつぶしました。
画像

防水キャップのみの②仕様は、指向性があり表と横では輝度に差がある。
横に向けると左の様にペンチでつぶした所の光が細くなる。
そこで、LED上部に導光体としてビーズを入れて拡散させ対策した。
画像

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

自作電気ウキ(3)

LEDの形状違いで明るさの比較をしました。
左が円筒型(90°)で
右が従来の砲弾型(60°)です。
結論から言いますと、拡散キャップをつければ両者とも同じ明るさでした。

画像


拡散キャップを付けないで点灯しました。
左は90°なので右の60°に比べ光が広がってます。
画像

拡散キャップを付けて点灯しました。
あまり明るさに違いがありませんでした。
画像


次に、
拡散キャップの替わりにLED全体に紙ヤスリをかけました。
左がヤスリがけのみで拡散キャップ無し。
右が従来の物です。
画像

点灯状態です。
左のヤスリがけした物は垂直方向に光が拡散してますが、右の従来品はほぼ均一に拡散してます。
画像


以上の事から・・・、
拡散キャップが無い時の応急処置として、ヤスリがけでも対応できる事がわかりました。
しかし、
従来の拡散キャップ方式が、今のところ最も簡単で明るい事が分かりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

自作電気ウキ(2)

LEDにも種類が色々あります。
今回は赤、緑、白、5mm、3mm
発光角度60°、120°を用意しました。
結論から言うと5mm赤(60°)が一番明るかったです。
次に3mm赤(60°)、緑(120°)、白(60°)緑(60°)の順でした。
画像


左から緑(120°)、緑(60°)、白(60°)です。
画像


それぞれに緑拡散キャップを付けた写真です。
画像


色々な拡散キャップがあります。
画像


左が緑LEDに緑キャップ、右が緑LEDに白キャップですがあまり変わりません。
画像


今回のパーツはLEDパラダイスの通販でそろえました。
http://www.led-paradise.com/

郵便扱いで送れるので500円以上買えば商品代+送料140円で済みました。
なお、郵便局の自分の口座から振込み出来たので手数料0円でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月29日 (土)

自作電気ウキ

年明けまで釣行できないので・・・
電気ウキを自作してみました。
材料費は、LED50円、拡散キャップ15円、
水槽用ホース5円、電線の余り0円で合計70円でした。
画像

手順1・・・
Φ3mm程度の余った電線の芯を抜き被服のみを4mmカットする。
画像


手順2・・・
LEDの短い方に4mmにカットした被服を通して落ちないように曲げて残りをカットする。
長い方の足は3mm程度長くしてカットする。

画像


手順3・・・
15mm程度にカットした水槽用ホースにさしこんで半完成です。
画像


手順4・・・
仕上げは、防水処理です。
Φ6mmのストローを5mm程度カットしたものをLEDと水槽用ホースの
隙間に差し込みます。後は透明の接着剤を塗布して完成です。

画像


Φ3mmLEDも作ってみました。
こちらは、水槽ホースの中に入るのでスリムに仕上がりました。
画像


左から3mm赤LED、5mm赤LED、5mm緑LEDです。

画像


点灯した写真です。
特に中央の5mm赤LEDは、電ケミよりも明るかったです。
画像

| | コメント (0) | トラックバック (0)